「柿内賢信」おすすめ作品一覧

「柿内賢信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/03/02更新

ユーザーレビュー

  • いかにして問題をとくか
    数学に限らず問題解決全般の方法を示した本。

    書かれたのは60年前という古典だが、
    人生の大半は問題解決で出来ているのは、
    いつの時代も変わらず、この本の考え方は、
    時代を超えた不変の法則と言えるのではないか。

    私のような闇雲に行動して失敗する人は必読。
    最初のページに要点がまとめてあるので、
    ...続きを読む
  • いかにして問題をとくか
    いろいろな問題解決の本を読みましたが、本書を読んでついに核心に辿り着いた心境です。起業家は本質にぐぐっと近づけると思います。古典の力はやっぱ結構すごいな。当社でも読ませよう。
  • いかにして問題をとくか
    まさに名著と呼ぶのがふさわしい本ですね。
    私が買ったものは2010/2/15 第11版第36刷でした。

    この本は、高校1年生位の数学の題材をもちいて、問題のときかたを解説している本です。
    それも、個々の問題の解き方ではなく、メタな解き方を伝え、それをいくつかの例題で鮮やかに実践して見せるとい...続きを読む
  • いかにして問題をとくか
    問題解決を大きく4つのフェーズに分類。

    1. 問題を理解すること
    2. 計画を立てること
    3. 計画を実行すること
    4. 振り返ってみること



    問題を整理・分解し、似たようなものを解いたことはないか等を確認、持てるものを総動員して解決にあたる。


    1.2.のフェーズを中心に書かれてて、そのへ...続きを読む
  • いかにして問題をとくか
     数学の問題の解き方の指針を示す教科書であるが、内容自体は幅広く応用の効くものである。問題の解き方の簡単な解説のあとは、「発見」のために必要なことが網羅的に掲載されている。表紙裏にポイントがリストにまとめられているので実用性も高い。ひと通り読んで、出発点はどこにおくべきか、分解、結合、違った方法を使...続きを読む

特集