C.J.ボックスの一覧

「C.J.ボックス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/27更新

ユーザーレビュー

  • 沈黙の森
    ネットで見かけて。

    就職面接の日を間違え、新任早々新知事を検挙し、密猟者に銃を奪われと、
    評判は散々な猟区保安官。
    しかし、妻と娘たちを愛し、薄給でも自分の仕事に誇りをもっている
    ジョー・ピケット。
    まずはこの主人公が魅力的。

    そして、
    日本ではあまりなじみがない狩猟があたりまえの生活や文化が、...続きを読む
  • 沈黙の森
    濃密な森の、水の、土の匂い。そして銃の火薬の匂いがする話。悪人がどこまでもゲスく、主人公の清廉さが際立つ。憤怒に共感。娘たち可愛い。
  • 凍れる森
    ジョー・ピケット・シリーズ2作目。
    重要な作品ですよ。
    原作の2作目は日本人に馴染みがない題材ということで飛ばして3作目が翻訳されたため、翻訳では2作目ということですが。
    そのせいもあって、幼い娘たち、育ってます。

    猟区管理官としてサンドストリング地区に3年半。
    ジョー・ピケットは、好きな仕事と家...続きを読む
  • 震える山
    ワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ第4作(第2作は未訳、電子書籍で出るらしい) 尊敬する先輩管理官ウィルが44マグナムをくわえて自殺した。自分の担当区域を離れ、ウィルが担当していた場所をしばらく担当しろと命じられた。ウィルが担当していたのはジャクソンという所で国立公園の入り口でもあり、...続きを読む
  • 狼の領域
     不覚にも、本作を読み逃していた。『冷酷な丘』『鷹の王』を先に読んでしまった。興趣を削がれるとまでは言わないだが、その後の運命を知らぬ人物が何一つ知らされず登場しているところに差し掛かると、さすがに複雑な気持ちに駆られてしまう。シリーズはやはり十分に気をつけて読まねば!

     さて、本書は、シリーズの...続きを読む