≪2021年2月号≫月刊 書店員すず木

このエントリーをはてなブックマークに追加
≪2021年2月号≫月刊 書店員すず木
この道10年のプロ書店員・すず木です!
前月に配信された新作マンガで実際に読んで面白かったものの中から<少年・青年マンガ><少女・女性マンガ>それぞれ1作品を勝手に「今月の書店員すず木賞」としてご紹介!

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

今月の書店員すず木賞

少年・青年マンガ

      • 島さん : 1

        島さん : 1

        NEW

        ベテランのコンビニ深夜アルバイト・島さん。ちょっと頼りないけどちょっと頼りになる、ちょっとわけありのおじいさん。そんな島さんと、いろんな人たちとのふれあいを描く、読むと元気になるコンビニヒューマンドラマ。道を踏み外して転んでも、何度だって立ち上がれる――そういう世界でありますように。

        ワケありコンビニ店員の、ほっこりヒューマンドラマ。

        些細な事でむしゃくしゃする事ってありませんか?
        そんな時にも読めば人に優しくしたくなるマンガです。
        深夜のコンビニバイトのベテラン店員の島さん。
        彼はどこにでもいそうな、ちょっと頼りなさもある白髪頭のおじさんです。
        ですが、実はワケあり…。
        その背中一面には昇り龍の入れ墨が刻まれていたのです。

        恐らくは何かしらの過去があり、ヤクザ業から足を洗いカタギの世界に戻ってきたのではないでしょうか。
        でも、島さんはそんなことを周りに匂わせたりはしません。

        1話目からとても印象的でした。
        深夜にタバコを買いに来た若者に対し年齢確認をした若手の後輩バイト君が因縁をつけられた際、島さんは一瞬でボスポジションの人間を見抜きました。
        彼は過去の経験から、一番静かにしていた人間をボスだと見抜いたのです。
        そして言葉を荒げることもなく、「お願い」をすることでその場を治めました。

        彼は「元ヤクザ」ではなく、あくまで普通のおじさんとして実直に、誠実に人と仕事に向き合っているのです。
        その姿に、思わず状況に流されそうになったりする自分が恥かしくなります。

        島さんの優しさは恩着せがましくなく、とても些細なことだったりします。
        しかし、その些細な優しさに救われるのです。

        島さんの過去に一体何があったのか…非常に気になるところです。
        元ヤクザである事を活かした物語や、島さんの過去も今後描かれるのか…!?
        続きが気になります!!

        ギスギスした世の中に疲れたら是非、『島さん』を読んで優しい気持ちになってください。

少女・女性マンガ

      • 200m先の熱 1

        200m先の熱 1

        吉家紬(きっかつむぐ)(28)はタワーマンション2階で1人暮らし。在宅で和裁の仕事をする吉家に、初体験の相手・真霜(ましも)が仕事を回してくれている。男性のヘタレな姿にときめく傾向があった吉家は、ある日マンション管理組合の役員に選ばれ、平良(ひらら)という男に出会うが…!? 吉家の家から200...

        可愛い男子が好きな女子必見!!
        200mの近距離で巻き起こるトライアングルラブ!!
        28際、独身、彼氏ナシな主人公・吉家紬(きっか つむぐ)。
        彼女は両親が残してくれたタワーマンションで一人暮らしをし、在宅で和裁の仕事をしています。
        そんな彼女に仕事を回すのは、紬の高校時代の初体験相手・真霜知哲(ましも ちてつ)。
        真霜との初体験のせいで男性のヘタレ部分にときめくようになってしまった紬は、同じマンションに住む平良連太郎(ひらら れんたろう)が気になるように…。

        描くのは『菜の花の彼―ナノカノカレ― 』で重い愛のトライアングルラブを描いた桃森ミヨシ先生。
        今作では『菜の花の彼―ナノカノカレ― 』とは違い、軽快な物語展開となっています。

        初体験の1件以来10年間離れていた真霜ですが、紬の事を細かく気に留めており、いまだに紬のことが好きなのでは!?と匂わせる描写があったり、
        紬はそんな真霜の気持ちには気付かず、ヘタレ感が満載の年上男子・平良に積極的にいこうとします…。
        1巻で既に今後のトライアングル展開を予感させるシーンが散りばめられております。

        桃森ミヨシ先生の描く男性はとにかく色気が凄いです。
        照れた表情や憂いがちな表情…。
        思わずドキっとしてしまいます。

        女子と2人の男子の恋。
        今後どう展開するのか注目です!!

こちらもオススメ!!

惜しくも今月の書店員すず木賞からは漏れたものの、オススメの作品をご紹介!!

書店員すず木

2005年より電子書籍サイトの仕事に携わる、この道10年以上のプロ書店員。
年間に読むマンガの冊数は2000冊以上。
「面白いマンガを多くの人に読んで欲しい」をモットーに、オススメのマンガをご紹介します。

最近の書店員すず木:先月の雪の日にはしゃいで左手を捻挫しました…。キーボードを打つたびに「いてて」と言っております。みなさんはしゃぎ過ぎにはお気をつけください…。

新規会員限定半額クーポンプレゼント