「幻冬舎新書」の特集を4週(5月31日~6月27日)にわたり開催中!第3弾は「スタッフおすすめ特集」。今週も1作品を値引きして配信!(6月20日まで)

  • 今週の値引き作品

    • コミュニケーションは、要らない

      ただ気分を吐き出すためだけの言葉をネット上に書き散らし、真偽の不確かな情報に右往左往し、目的もなく自分のフォロワーを増やそうとする。そんなものは、コミュニケーションではない。高度成長期以降、日本人は「現状維持」のために協調性ばかり重んじて、本質的な問題について真剣に「議論」することを避け続けてきた。そのツケが今、原発問題を筆頭とする社会のひずみとして表面化しているのだ。我々はなぜ人と繋がろうとするのか。...

      779円(税込)

  • 第3弾 スタッフおすすめ特集

    • 考えないヒント アイデアはこうして生まれる

      いつも一つのことだけに集中する、すぐビジネスに結びつける、締切は必ず守る、思いついたことは必ずメモする、オンとオフはしっかり分ける……では、突き抜けたアイデアは生まれない。ガチガチ頭で考えることをやめれば、ひらめきは必ずやってくる。数々の人気テレビ番組を手がけ、スランプ知らず、ストレス知らずで「アイデア」を仕事にしてきたクリエイターが、20年のキャリアをとおして確信した、逆転の発想法。

      738円(税込)

  • スタッフおすすめ幻冬舎新書

    幻冬舎の営業のプロ @kazumiota

    「神様にフェイントをかける」。
    この1行に出会えただけで、ラッキー。
    予定調和の延長線上にある退屈よりも、刺激の中で「ひらめき」を見つける。読後、薫堂流の思考法が自然と読者の細胞の中に。結局、タイトルとは裏腹にみっちり考えさせられてしまうのですが。

    • 句会で遊ぼう 世にも自由な俳句入門

      「俳句でもやろうか」。メンバーは毎度の飲み仲間。軽いノリで句会を開いたら、これが滅法おもしろい。マルを獲得したときの天にも昇る喜び。バツを食らったときの激しい落ち込み。容赦ない酷評と爆笑が飛び交う講評タイム――もともと「座の文芸」と言われ、仲間が集い、一巻の作品を完成させることからはじまった俳句。肩書き抜きで知的コミュニケーションをたのしめる句会は、中高年には格好の遊びである。知識不要、先生不要。ともかく...

      820円(税込)

  • スタッフおすすめ幻冬舎新書

    幻冬舎の働くママ @eigyo_mom

    それぞれが作った俳句に対し、大の大人が面と向かって悪く言ったりくやしがったりするこちらの本。
    でもわたし、親として、自分の子供が大きくなってこの中にぽんと入っても楽しめるくらいの丈夫な心を持っていて欲しいなと思ったんです。
    子育てって小さなことが気になりますよね。でもこれを読むと「今のうちに揉まれておきなさい!」と、どっしりかまえていられるようになりますよ。
    え、わたしだけ?

    • 日本の地下水が危ない

      外国資本による日本の森林買収が増え、多くの自治体が「狙いは水資源ではないか」と警戒を強めている。日本の法律では、いったん土地を買われたら、地下水使用を制限できない。現在、淡水は世界レベルで不足し、外国資本による地下水独占が住民の生活を脅かすケースが各地で多発。同じ事態が日本で起こらない保証はまったくない。さらには、ペットボトル水需要の急増、森林・水田の荒廃など、国内事情も深刻化しており、このままでは日本...

      800円(税込)

  • スタッフおすすめ幻冬舎新書

    幻冬舎の雑誌ゲーテ副編集長 @yanaginihon

    ほとんど知らないことばかりだった。
    人間が生きるうえで最も大切な「水」という存在に、もっと注視して生きるべきだと考えさせられる。
    水は漫然と使っていては涸れてしまう。法の整備と、利用者の意識変化を促すのが本書だ。

    • くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ

      平成22年「くまもとサプライズ」キャラクターとして登場したくまモン。 商品売上は1年で293億円、熊本のブランド価値向上への貢献は計り知れない。 ゆるキャラ・くまモンを「売るキャラ」に育て上げたのは、PRもキャラクタービジネスも経験ゼロの、しがない地方公務員集団・チームくまモン。 くまモン失踪事件などの物語戦略、利用料フリーで経済を活性化させる楽市楽座戦略等々、公務員の常識を打ち破る自由な活動を展開し、自治体史上例...

      841円(税込)

  • スタッフおすすめ幻冬舎新書

    幻冬舎の電子書籍担当室長 @gentosha_dc

    PRで何が一番大切なのか。
    SNSの活用? 利用料フリー戦略? キャラの可愛さ?プランナーのスキル?
    いやいや、もちろんそれらも必要だけど、それ以上にとても大切なことがある。
    本書を読み進めると、その秘密がじわじわ溢れ出す。
    くまモンの秘密に、ぎっしり詰まったPRの秘訣、くましくは電子書籍で!